HOME > 猫株式会社アーツ

スタッフブログ

Tag Archives:

猫の額(ひたい)には壮大な謎とロマンが隠れている?【暗号解読に挑戦】

「猫の額(ひたい)ほど」といえば、場所が狭いことの例えとして使われる言葉。
顔のなかでどこが額なのか、そもそも額の有無すら分からない……といった声もありますが、私はこのパーツ、大好きなんです。

いま一緒に暮らしている猫は、手のひらでくるむのにピッタリの額。

nekonohitai1ちょっととんがった▽(逆三角形)の小顔さんなので、「ちょうどいいサイズ感」なんですよね。

よく自分の家や庭を「狭いところだけどね」と謙遜や軽い自虐の意味で「猫の額ほど」と表現したりもするようですが、そこには「自分にはちょうどいいサイズ感で、悪くないんだよね」という愛着も見え隠れしている気がしてなりません。
だって、こんなにかわいい生きものにたとえるくらいですから!

nekonohitai3

猫同士は鼻と鼻を合わせて挨拶する習慣がありますが、私はよく猫のおでこに、自分のおでこを軽く合わせて挨拶したりも。猫はやや迷惑そうにも見えますが、しょうがないなという感じで黙って付き合ってくれます。(ただしちょっとの間に限る)

そして先日、なんとはなしに猫にスマートフォンのカメラを向けている時に気づいたこと。

nekonohitai2
MYスマホには、カメラレンズを向けると猫を認識して自動的に猫に適した撮影モードにしてくれる機能があります。

 

こんな感じで、とっても高性能なのですが……
ごく稀に、違うモードが発動するようで。

「コードを読み取りました。アクセスしますか?」

といったメッセージが表示されるのです。

 

 

 

 

 

 

どうやら、額の白と黒(と少しのうす茶)のキジ柄部分が、QRコード、あるいはバーコードと認識されている…!?

nekonohitai4

※なお、QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です!

今回、このブログを書くにあたりその画面をキャプチャに収めよう!と思ったのですが、発動条件が分からず、再現できませんでした。(3日ほど前に一度表示されたものの、一瞬で消えてしまいキャプチャを撮るタイミングを逸しました!無念!)

過去に一度、その表示をクリックしてアクセスした際には、Googleアプリが立ち上がり、なにやら謎めいた数字を検索した結果が表示されましたが……

そのなかに、何か重大な猫の秘密、はたまた猫からのメッセージが暗号のように隠れているのでしょうか。

今回、QRコード(※QRコードは前株デンソーウェーブの商標…以下略)を読み取るアプリを額に向けたりもしてみたのですが、残念ながら反応はしませんでした。

nekonohitai5

にゃんとも奥深い猫の額。ロマンをかきたてられます。

猫飼いの皆様、猫ファンの皆様、「うちの猫の額でもコード読み込めるよ!」といった情報をお持ちでしたら、ぜひアーツのマーケティング部門・タナカまでお知らせください!

九州から来た新しい家族♪

こんにちは。マーケティング部門の副島です。
 
先日のFF部門・吉田さんの投稿と同様に、私の家にも家族が増えました(*^^)v

4月初め、九州の実家に住んでいた両親が老人ホームに入居。
実家には「ミーコ」と呼ばれる猫が飼われていて、新しい引き取り手をネットや新聞で募集したものの決まらず、大阪に住んでいる私が引き取ることになりました。
 
200618_cat1

実家を出てタクシー・在来線特急・新幹線・地下鉄を乗り継ぎ、6時間かけてようやく大阪の自宅に到着。
運搬用のケースに入れたミーコは、狭さと乗り物のスピード・振動の恐怖のせいか、移動中ずーっと鳴きまくり、新幹線では指定席に座るのが気が引けてデッキで2時間半過ごしました(;_;)
(何故か、地下鉄ではスピードが遅いせいか、落ち着いてて静かでした。)
 
200618_cat2

自宅では、当初3段のゲージに入れていましたが、慣れてくると首輪にリードを付けてベランダでゴロゴロさせたり、部屋の中で放し飼いにするようになりました。
それまで動物を飼ったことはなくて、猫が人間のようにイビキをかいて寝たり、背伸びをする様子を見て可愛く思ったり、押し入れ(暗所)やタンスの上(高所)が好きなのを知ったり・・・と、新しい発見が連続の毎日♪
 
ところが、そんな日々が1ヶ月続いたあと、ミーコが突然失踪する事件が発生!
 
GW期間中のある日、ベランダで布団を干していたら、押し入れで寝ているはずと思っていたミーコの姿が無いことに気付きました。
どうやら、換気のため少し開けていた玄関ドアの間から、知らぬ間に出て行っていた様子。
それから近所を四方八方歩き回って探したけど見つからず、その晩は餌を玄関口に置いてドアを開けたまま寝ました。
でも、土地勘ない中を外に飛び出したミーコにとって、マンションの4階まで階段を上がって戻ってくるのは不可能だったのでしょう・・・。
 
200618_cat4

翌朝、マンションの管理人さん(猫を飼うのを黙認してくれていた)に相談すると、ゴミ置き場への張り紙を許可してくれたので、ミーコの写真や特徴を載せたビラを至急作り、合わせて周辺200~300m四方の電柱などにも貼りました。
それから交番に届けたり、区役所に電話したり、近所の動物病院へのビラ掲載を依頼したり、迷い猫探しのネット掲示板に投稿したり、朝昼晩と近所を回ったり・・・とできることは全てやりました。
 
しかし、どこからもミーコ発見の連絡はなく、両親から預かった大切な猫を逃がしてしまった後悔で落ち込むばかり(泣)
家に来てまだ1ヶ月しか経っていないのに、こんなにミーコの存在が大きくなっていたのか!という驚きもありました。
 
200618_cat5

そんな中、マンション1階の通路の下に置いていた餌をミーコらしき猫が食べているのを近所の方が発見!
駆けつけて取り押さえようとしましたが、警戒心が強くて逃げられてしまいました(>_<)
それでも、翌朝、隣の家の門扉の内側に居るところをみつけて、マタタビを擦り込んだ棒と、好物の練り物の餌をスプーンに載せておびき寄せ、門扉の間から身体を伸ばしてきたところを捕獲!
ミーコを抱えたままマンションの4階まで駆け上がり、自室に入れることができました。
 
美味しそうに餌を食べ、水を飲むミーコの姿を見てホッと安心!
その後、ミーコの動画を撮影。緊急事態宣言解除後に帰省して両親に会いに行った時、動画を見せたら喜んでくれて、あの時、ミーコが無事に帰ってきてくれて良かったな~と思いました。
 
200618_cat3

そして、ミーコが来て既に2ヶ月半が経ちました。
夜中に起きて鳴いて走り回って、ご飯をおねだりするのに苦笑いすることも多々ありますが、ご飯の準備をしている時にお行儀よく待ってくれるし、外出から帰って来た時に目が合うと「ニャー」と言ってくれるし、そんな姿を見て、これまでミーコにどれだけ癒されたかわかりません。
 
赤ちゃんの時に父親に拾われて、今8歳半になるミーコ。
これからも、家族の一員として、ずーっと仲良く過ごしていきたいと思います(^^♪
200618_cat6