社長メッセージ

代表取締役社長 黒木 伸治

幅広い事業領域の根底を支える
WEBを軸としたアーツグループのコアコンピタンス

「アーツって何の会社ですか?」とよく聞かれます。
確かに、主力は年賀状や封筒、伝票といった印刷物のネット通販事業ですが、住宅リフォーム事業やオリジナルランドセル事業といった印刷とは全く関連のない事業も行っています。事業内容の幅広さだけを見れば、疑問を抱く人があるかもしれません。
でも、すべての事業に「WEB」という軸があります。
どの事業もユーザビリティに重きを置き、自社で制作・運営しているWEBサイトから注文。
受注・売上〜出荷、集金回収までを一元管理するWEBブラウザベースの基幹システムも自社開発し、お客様の目には見えない部分でローコストオペレーションを可能にしています。
また、集客のためのプロモーションも常に行っており、商品をお客様へお届けするという結果自体は他社と同じであっても、受注〜生産〜出荷までの各プロセスにはWEBを活用した独自のノウハウがあるのです。
このノウハウこそ、私たちのコアコンピタンス。
アーツグループのミッションは「WEBを通して、オリジナリティのある商品及びオーダーメイド製品を提供することで、世界中に利便性とプラスアルファの価値を提供する」ことなのです。

改訂を重ねて現在Version6.0
クレドは全社員が共有するアーツグループの価値観

当社を語る上で欠かせないのがクレドです。
クレドは「信条」と訳されることもありますが、額縁に入れて飾るような企業理念とは違い、もっと実践的な価値観です。すべての判断・行動の基としています。
このクレドが生まれたのは2008年。
アーツは1996年に創業しましたが、一時、業績が悪くなったため、人材削減や給与減といった大幅なコストカットを余儀なくされました。
経営方針や再生プロセスを明示しましたが、それだけで不安を抱えた社員が頑張れるとは到底思えませんでした。
そこで取り組んだのが、ジョンソン・エンド・ジョンソンやリッツカールトンといった一流企業が採用し、その効果が伝えられているクレドの作成です。
ベースは私が作り、そこから社員の意見も積極採用。
こうやって生まれたクレドの価値観を全員で共有できたことで、WEBを軸とした事業転換を図り、経営危機を乗り越えたのです。
クレドは会社の成長、社員の意見とともに改訂を重ね、現在はVersion6.0。
アーツグループのミッションや目指す場所、そこに至るための行動基準や行動規範も記載しています。
クレドは会社のものではなく、社員全員のものです。
私や社員の思いをのせ、これからクレドがどう進化していくのか、私自身興味が尽きません。
そして、アーツグループを目指す人は、ぜひ全文を読み、各々の意見を持って来て欲しいと思います。

常に楽しみながらチャレンジを
人の成長こそ、会社の成長には欠かせない

私はクレドの中にもある「チャレンジ」という言葉が大好きです。
ただチャレンジするのではなく、高いハードルへのチャレンジです。
これなくして人の成長はなく、会社の成長もありません。
私自身も新事業へは積極的にチャレンジしています。
たとえば、2017年に立ち上げたオリジナルランドセルの製造・販売。
これは、国産鞄の約8割を生産する兵庫県豊岡市の鞄メーカーの一つである「株式会社羽倉」をグループ企業として迎入れることで生まれた事業です。
ランドセルは実物を見て購入されるお客様が多いため、ショールームを開設する必要がありました。未経験ながら、本社ビル1階に江坂ショールームを開設し、豊岡ショールーム及び泉佐野ショールームと合わせて3カ所に同時開設しました。
今年度からは、東京丸の内のKITTEに設置された豊岡鞄のショップにも『羽倉の手づくりランドセル』を約10点展示しています。近い将来には東京・表参道にもショールームを…という夢も持ちながら、WEB×実店舗の新しいビジネスモデルを加速させています。
このように、今までと違う経験が得られることがチャレンジすることの一番の喜びだと言えます。また、それ以上に、ビジネスモデルを考えることが私は大好きなんです。
「楽しみながら仕事をする」ことも、クレドに明記してあるくらいですから。

私たちは、クレドに共感し、会社の、そして自らのミッションの達成のためにチャレンジできる人を求めています。
どの事業、どの部門も常にチャレンジを繰り返し、互いに連携を図り、高め合いながら事業を成長させています。
ぜひみなさんの力で、この成長を加速させてください。
主力のWEB年賀状印刷分野では4年連続1位。
当社の成長は、きっとみなさんもここで働くことで実感できるはずです。

また、社内では社員有志がプライベートで集まり、スポーツやレジャーなどを楽しむ「トライアルアーツ」が度々行われています。
それを束ねるリーダーも自然と人の輪の中心に立ち、仲間をまとめています。
リーダーという立場は人を大きく成長させます。
また、たとえ失敗しても、次の成功のための糧となります。
クレドにもある通り、チャレンジして失敗した人を責めることはありません。
次へ、次へ、と進むあくなき向上心。
これも私たちの成長には欠かせないキーワードだと考えています。