開発部門

Development開発部門

仕事内容

EC市場が拡大する中、ユーザーがWEBサイトに求める機能や情報のレベルはますます高まっています。開発部門はユーザビリティに応える各事業の自社運営サイト制作の中心的な役割を担うとともに、フルフィルメント部門・生産部門と連携を取りながら、受注〜生産〜出荷〜入金までを一元管理する受注管理システムやデーターベースの構築を担当。社内システムやテレワークのための環境づくりなど、社内インフラを整えることで、各部門の業務効率化にも貢献しています。

職種紹介

デザイナー

仕事内容 ディレクション担当が作成するラフから構成意図を読み取り、視覚的な訴求力はもちろん、商材の特徴やユーザビリティを意識したサイトのデザイン作成を行います。サイトオープン後もお客様のニーズを踏まえ、既存サイトのデザイン改修にも取り組みます。
スキル
  • 必須スキル:Adobe illustrator、Photoshopなど
    ※WEBデザインに特化したAdobe XD、figma、Sketchのスキルもあればベター
やりがい アーティストと異なり、デザイナーは自らの趣味嗜好でデザインすることはできません。しかし、商材の特性や構成意図を理解し、最適なアウトプットができた時は大きな手応えが得られます。また、チームで一つのサイトを作り上げるプロセスは貴重な経験に。その中で自らデザインしたサイトがオープンした瞬間は達成感を感じずにいられません。

HTMLコーダー

仕事内容 HTMLやCSS、JavaScriptといった言語を駆使し、デザイナーが作成したデザインのコーディングなどを行います。経験を重ねることで制作ディレクション業務を担当。サイトのオープンやリニューアルなどの管理業務を行い、スケジュール確認やラフ・ワイヤーフレームの作成、デザインチェックなどを担います。
スキル
  • 必須スキル:HTML、CSSのコーディング技術、Adobe illustratorとPhotoshopの基本操作など
    ※入社後はRuby on Rails、jQuery、Git、Googleアナリティクスの解析手法などのスキルを身につけます
やりがい コーダーの多くは実務未経験からのスタートですが、WEBサイトの改修やバナー作成といったさまざまな業務経験を通して新たなプログラム言語やスキルを習得。できることがどんどん広がることで、自身の成長を実感できます。ディレクション業務ではデザイナーやプログラマー、他部門との連携役を担うため、チームで動く面白さと大きな達成感も得られます。

WEBプログラマー

仕事内容 サイト全体のシステム構築やインフラ整備を担当。簡単なフォーム作成からカート、バックオフィスまで、一貫した自社システムの構築などを行います。また、お客様の個人情報を扱うサーバ管理も大切な業務の一つです。
スキル
  • 必須スキル:Ruby、Ruby on Rails、JavaScript
  • 新たなスキルの習得にチャレンジできる人
やりがい 業務効率化や新サービスのシステム検討など、社内の全部門からさまざまな依頼が入り、常に新しいチャレンジに取り組める環境です。社内外のメンバーと連携しながらロングスパンで開発に取り組むプロジェクトも多く、その分、達成した時の喜びと自身の成長は大きなものとなります。

入社後は…

入社後はオンラインプログラミング学習サービス「Progate」で仕事の基礎を学ぶとともに、メンター役の先輩が業務をサポートします。入社1〜2年目で社内の大規模プロジェクトに参加する若手社員も。成長の速さにつながる“自ら考える姿勢”を、早い段階から実制作を経験することで身につけます。将来的にはサイト制作やシステム構築など、もっとも本人がパフォーマンスを発揮できる業務をメインに担当していただきます。

キャリアステップ

CASE1

頑張りが認められる環境だからこそ、
さらにその先へ。

ディレクション・コーディングチーム/リーダー

2017年キャリア入社(5年目)

※取材当時のプロフィールです。

前職は全くの異業種でデスクワークともほど遠い仕事でしたが、以前から興味のあったWEBの世界にチャレンジしたいと思っていました。今後のキャリアを考えると少しでも早い方がいいと思い、思い切って職種・業界未経験でもHTMLコーダーを募集していたアーツに入社しました。
入社後は文字修正など簡単な作業からスタートし、徐々にコーディングやバナー作成などを任されるように。1年目後半には初めてLP制作のすべてを任され、ラフ作成からデザインの依頼、コーディングまで、ひと通りのディレクション業務が経験できました。今振り返ればよく1年目の私に…と思いますが、「任された以上、何としても完成させたい!」と一心不乱に勉強し、作業を進めました。そんな社員の頑張りを上司や周りが認め、ポジションや仕事の広がりにつなげる社風がアーツにはあります。2年目以降は後輩ができ、チームリーダーとしてサイト制作により深く関わるようになったのがその証。ある事業では部門を超えたプロジェクトリーダーに抜擢されるなど、入社後から現在まで、前職では経験できなかった有意義な時間を過ごせました。
今後は私のキャリアで得たものを後輩たちに還元するとともに、部門のみんなが力を発揮できる環境づくりにも積極的に関わりたいと考えています。

CASE2

成功の喜び、失敗の悔しさ。
すべての経験が成長の糧に。

プログラミングチーム/リーダー

2015年キャリア入社(7年目)

※取材当時のプロフィールです。

実務経験ゼロでの入社から今までを振り返ると、入社当初の上司の言葉「経験することが成長の近道」が真実だったと感じます。3ヶ月目に新事業のECサイト制作を担当。プラットフォームのマニュアルを読み込み、わからない点があれば上司や先輩に質問し、プライベートでも書店で技術本を購入して…と仕事に専念。周りのサポートもあり、無事にリリースできた時は上司から「よく頑張った」と評価され、この仕事への自信がつきました。
とはいえ、それで通用するほどWEBの世界は甘くありません。2年目からはプログラムチームのリーダーを担当。スキルアップのチャンスに恵まれましたが、失敗も多く、技術不足に歯がゆさを感じる時も。この時期、自分に足りないものと乗り越えるために必要なものが見えてきたように思います。そして、さまざまな案件を経験しながら、並行してプログラミング学習なども続けてきた成果がつながり、3年目にはプログラマーと言えるだけの技術が提供できるレベルまで成長できたように思います。
これまでの成功と失敗の経験で何度も味わった達成感と悔しさ。これらが私の向上心の原動力でした。チームをまとめる立場になった今、今度はメンバーにあの言葉を私が伝える番です。

こんな人に来てほしい!

現時点でのキャリアやスキルは問いません。開発部門メンバーの多くは、基礎的なスキルは持っていても実務経験がない、WEB業界未経験からのスタートですが、「スキルを活かしたい!」「この業界で成長したい!」といった強い意思を持って日々努力を続け、今はサイト制作の最前線で活躍しています。日々進化するWEBの世界で活躍するためには知識欲と向上心が不可欠。自らの成長のために努力できる人、そして、その成長を通してより大きな仕事にも前向きにチャレンジできるような、意欲あふれる人を求めています。

開発部門DATA

01性別

02年齢

03雇用形態

04どんな人が多い?

05どんな雰囲気?

06残業時間

07在宅率

08入社するまで、開発の実務経験は?

09普段使用しているツール(エディタ)!

  • No.1Sublime text
    (サブライムテキスト)
    44%
  • No.2Visual Studio Code
    (ヴィジュアルスタジオコード)
    33%
  • No.3Atom(アトム)11%
  • No.4Brackets(ブラケッツ),
    秀丸エディタ
    6%

デザイナーはillustratorとPhotoshopを使用します!