HOME > スタッフブログ > マスク肌荒れにご注意!

スタッフブログ

マスク肌荒れにご注意!

 

こんにちは!マーケ富永です。

マスクを付ける時間がめっきり増えた今日このごろ、肌荒れって気になりませんか?

コロナ以前は、花粉症対策や喉の乾燥予防に使っていたマスクですが、四六時中マスクを付けていた期間に気づいたことがあります。

なんか口元バリバリ乾燥しない?マスク!ということです。外出もほとんどせず、紫外線も浴びる時間も減り、化粧の回数も格段に減り、お肌にとっては良い環境、良い時間を過ごしていたはずなのに、ヒリヒリするような肌の乾燥を感じていました。

喉の潤いを保つという役割からすると、マスクが肌の乾燥を促すとは考えにくかったのですが、最近、皮膚科はマスクによる肌トラブルを抱えた受診者が増えているそうです。

不織布のマスクは呼気によって湿度が高まります。それだけを考えると、お肌にいいように感じますが、その水分が肌に付着することで、蒸発するときに角質層の水分が奪われて乾燥が進行するんだそうです。

またマスクの中で呼気によって雑菌が繁殖するため、ニキビや吹き出物の原因にもなります。

解決策は、マスクの中にガーゼを一枚入れて湿度を調節すること。こまめに取り替えてあげることで、雑菌も増えにくくなるそうです。

緊急事態宣の解除後、マスクがスーパーやドラッグストアの売り場に普通に並ぶようになりましたね。朝5時半から並んで7枚入りをゲットして喜んでいた時期が嘘のよう。

第二波の到来を考えると、数時間で使い捨てるのはやはり避けたいところ。これから夏に向けて更にマスクがしづらい時期になりますが、ガーゼをこまめに取り替えるなど、ちょっとした工夫で快適に過ごしたいですね。